測量部門

測量

測量は、地球表面上の点の関係位置を決めるための技術・作業の総称。地図の作成、土地の位置・状態調査などを行う作業です。
測量は基本的に誰でも行うことができるが、国または地方公共団体の実施する基本測量、公共測量等は測量法に従って登録された測量業者でなければ行えず、測量業者の行う測量には測量士もしくは測量士補が従事するように定められています。
当社では、電子平板等の最新技術や従来の測量手法をもちいて、発注機関の目的にあった、より高精度でより速やかな測量図の作成を心掛け、業務に取り組んでいます。

基準点測量

基準点測量は、測量作業で必ず最初に行う観測作業で、測量の種類や規模・ 目的によって1級~4級基準点測量を行います。
この基準点をもとに、 道路、河川、都市計画等の計画進めるための基準杭の 設置を行うものです。

基準点測量

基準点測量

基準点測量

基準点測量

水準測量

水準測量は、既設水準点に基づき、レベルやトータルステーション、標尺を用いて点間の高低差を観測し、新点である水準点の標高を求めるものです。

水準測量

水準測量

水準測量

水準測量

現地測量

現地測量は、トータルステーションやGNSS測量機等を用いて、地形地物等を測定し、数値地形図データを作成します。
電子平板方式として、観測した点をタブレット型PCを用いて、現地で図形表示しながら計測及び編集を直接行う方法もあります。

現地測量

現地測量

現地測量

現地測量

路線測量

路線測量は道路・運河など線状築造物建設のための調査、計画、設計等の目的に用いられる測量です。
代表的な工程には中心線測量、仮BM設置測量、縦断測量、横断測量があります。

河川測量

河川測量は、河川、海岸等の調査及び河川の維持管理等に用いる測量をいいます。
河川測量の工程の中には、距離標設置測量、 水準基標測量、定期縦横断測量、深浅測量、法線測量、海浜及び汀線測量があります。

河川測量

河川測量

用地測量

用地測量は、土地の取得・売買等に必要な書類作成及び図面作成のための測量です。
用地測量の工程には、法務局等調査、境界確認、境界測量、面積計算、図面作成などがあります。