地質部門

地質調査

構造物の設計・施工や災害対策においては、まず現地の地形・地質状況を把握することが大事です。
当社地質部門では、地盤に関する様々な調査や試験を行いお客様のニーズに応えられるような地盤情報の提供と計画・立案を行っております。

調査ボーリング

調査ボーリング

 
標準貫入試験(半自動落下装置)

標準貫入試験(半自動落下装置)


室内土質試験

室内土質試験は、採取した土の性質を定量的かつ科学的に判断するために行います。
主に、日本工業規格(JIS)や地盤工学会基準(JGS)によって規格化さています。

土粒子の密度試験

土粒子の密度試験

 
土の含水比試験

土の含水比試験

 
土の粒度試験(砂質土)

土の粒度試験(砂質土)

 
土の粒度試験(粘性土)

土の粒度試験(粘性土)

 
土の液性限界試験

土の液性限界試験

 
土の塑性限界試験

土の塑性限界試験

 
土の湿潤密度試験

土の湿潤密度試験

 
土の一軸圧縮試験

土の一軸圧縮試験

 
土の三軸圧縮試験

土の三軸圧縮試験

 
土の圧密試験

土の圧密試験


FEM解析

従来の地盤解析は、FEMによる解析手法は確立されていたものの未だ特殊な手法との位置づけにあり、特別な場合を除いてはあまり設計に用いることはありませんでした。すなわち、地盤解析において「安定」と「変形」を別々に計算していました。

しかしながら、地震時における変形を解析する手法として「河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説』,H19.3,国交省河川局治水課)」が示され、地盤変形解析において具体的にFEMを用いた解析手法が地盤解析に取り入れられる方向となりました。

弊社においてはこれらの手法を採用することにより、地震時のみならず静的な地盤変形解析においてもFEMを駆使した解析を行っております。